工作機械事業

慣れ親しんだ機械が発する「もっと活躍させて」を聞く会社!

遊休機、そのままにしていませんか?

アドテック富士では、工作機械の改造や修理によって、作業効率のUPや、コストダウンが可能です。
Quality(品質)・Cost(価格)・Delivery(納期)・Service(サービス)を常に最優先に考え、改善・改革に取り組んでいます。

機器改修の事例

事例1 対象ワーク変更および追加対応の改造

事例2 機械のIN側及びOUT側への周辺装置の付加

事例3 制御機器の更新対応

事例4 ローダー取付等に依る自動機化対応(手動機化対応も可)

事例5 老朽化した機械のオーバーホール

FUJI製チャックの販売

FUJI製標準チャックや、当社自慢のツーリングシステムにより、お客様のワークに合わせた特殊チャックも設計、製作しています。
加工精度でお困りの方へ、チャック・ツーリングのご提案をさせていただきます。

○チャック単体を販売しています。
○豊富な実績を基に最適なチャックをご提案します。
○FUJI固有の技術でオーダーメイドも対応します。
○ご購入後の消耗部品も短納期にて販売します。

スタンダードチャック

デザインチャック

チャックのご購入から納品まで

Cues(キューズ)

液晶・半導体の洗浄技術を応用し、切削中のバクテリアの増殖を抑制することで加工用切削液の長寿命化を実現した環境にやさしい浄化システムCues(Cubic Ecology System)
アドテック富士では、芝浦メカトリニクス製切削油浄化ユニット「Cues」の販売を行っております。

Cuesの特徴

1.悪臭の抑制
水溶性切削液中のバクテリアが増殖する際に発生する亜硫酸ガスが悪臭の原因と言われています。
バクテリア増殖を抑制することで悪臭を抑えます。
2.切削液の酸化を防止
切削液が酸化変質する原因であるバクテリアの増殖を抑制することで液質を中性に保ち、防錆性能の低下を防ぎます。
3.積極的にタンク内のスラッジを回収
Cuesは、従来方式では回収が難しかったタンクの底や内壁に堆積付着したスラッジも浮上回収することができます。もちろん浮上油もシステム内部の油水分離機構で回収することができます。
4.切削液の長寿命化により環境に配慮
バクテリアを抑制し、スラッジと油分を回収することで切削液を浄化し長持ちさせることができます。評価実績のデータでは、従来は年間2回のタンク清掃・切削液入れ替えが1回に半減。これにより産業廃棄物である排液を出す回数と量が削減できました。

  • 採用情報
  • お問い合わせフォームはこちら(TEL:0564-31-4690)